大久野島(うさぎ島)のうさぎ写真、動画を紹介しています。

大久野島の紹介

  • HOME »
  • 大久野島の紹介

うたじまっぷ

大久野島の紹介

大久野島は、広島県竹原市忠海町の沖合い3kmの瀬戸内海に浮かぶ、周囲4.3kmの小さな島です。

昭和4年に日本陸軍の毒ガス工場が建設され、第二次世界大戦末期まで毒ガスが製造されていました。戦後、GHQにより施設は解体され、毒ガスは海洋投棄や焼却などで処理されました。

戦後は島全体が国民休暇村に指定され、1934年に瀬戸内海国立公園となりました。

島内にはたくさんのうさぎが生息していますが、これは忠海町の小学校で飼育されていた8匹のうさぎが放されて野生化したもので、現在700匹程が生息しています。

大久野島には、宿泊施設「休暇村 大久野島」があり、その他の施設として「毒ガス資料館」、「大久野島ビジターセンター」があります。

島内には、休暇村の職員が寝泊りする施設こそありますが、基本的に人は住んでおらず、一般車両の通行も出来ません。休暇村-第二桟橋間は、船の時刻に合わせて無料のバスが運行されていますが、歩いても15分程度の距離です。

PAGETOP
Copyright © うさぎの楽園 All Rights Reserved.